地域の話題

各地で火災相次ぐ 松本や安曇野 南木曽でも

松本市洞の現場で消火活動を行う消防隊員(25日午後1時半ころ)

 25日正午ころ、松本市洞の田んぼから出火、下草約5800平方メートルを焼き、約2時間後に消し止められた。けが人はいなかった。出火当時は田んぼを管理する男性2人が下草を燃やしており、松本署はその火が燃え広がったとみて原因を調べている。
 25日午後3時ころ、安曇野市堀金烏川の畑から出火、下草約1160平方メートルを焼き、30分後に消し止められた。けが人はいなかった。安曇野署は地元の女性が下草を燃やしていた火が、風にあおられ周囲に燃え広がったとみて調べている。
 25日午前0時10分ころ、南木曽町読書の町道沿いの山林のり面2カ所から出火、下草計約640平方メートルを焼き、約2時間20分後に消し止められた。けが人はいなかった。木曽署によると、現場周辺に民家はなく、同署が詳しい出火原因を調べている。

連載・特集

もっと見る