スポーツ

J1山雅きょうキックオフ 磐田戦の入場券は完売

山雅―磐田戦が行われるヤマハスタジアム

 サッカーJ1リーグが22日に開幕した。2度目のJ1挑戦となる松本山雅FCは、23日にアウェーでジュビロ磐田と対戦する。磐田の本拠地での試合は平成26年に山雅がJ2で戦った時以来で、静岡県磐田市にあるヤマハスタジアムの準備は万端で開幕ムードが漂っている。磐田の運営会社によると入場チケットはホーム側、アウェー側共に完売で、満員の中で熱い試合が行われそうだ。午後3時のキックオフとなる。

 アウェーの山雅側応援席となる「スタジアムフリーゾーン」は約1400人分のチケットが完売になっている。スタジアム東側には入場の際の場所取りの順番決めとなる「札貼りエリア」があり、すでに山雅サポーター約1100人分の札が貼られていた。
 スタジアムには磐田のグッズ販売ショップがあり、前日の22日には多くの磐田サポーターがユニホームなどを買い求めに来ていた。磐田は最近の3年間は開幕戦で勝てていないだけに、近くに住む男性(40)は「松本山雅のサポーターの熱い応援は脅威に感じる。開幕戦は毎年勝てていないので慣れっこになっているが、今年こそ勝ちたい」と話していた。