地域の話題

暮らしのフェスティバル きょう開幕

イベントに向けて準備が進む会場
 住まいと暮らしの住宅総合展示会「第23回暮らしのフェスティバル」(市民タイムス主催、タイムス広告会共催)が23日と24日、松本市鎌田2の松本めいてつショーホールで開かれる。住宅設備機器、リフォーム、外構や土地などを紹介する28ブースが出展する。防災講演会などさまざまな催しも企画されている。
 中信エリア最大級の住宅についての展示会で、ブースでは地元企業が来場者の相談に応じる。システムキッチンやユニットバスなどさまざまな住宅設備機器、サービスなども特価で紹介する。   防災講演会は、23日はNPO法人日本トイレ研究所代表理事の加藤篤さんが「うんちはすごい」と題してうんちにまつわる最新知識を話す。24日は芸人で防災士の赤プルさんが「赤プル流防災あるある講座」と題して家庭での防災対策を紹介する。両日とも午後1時半から。23日はけん玉が楽しめる広場が設けられ、午前10時半からと午後3時半からは、プロパフォーマーのイージーさんも登場する。いずれも参加無料。  開場時間は午前10時から午後5時(24日は4時)。問い合わせは市民タイムス総合企画局(電話番号0263・48・2000)へ。