地域の話題

冬場の事故を想定して県警訓練 聖湖や聖高原スキー場で

 県警は18日、麻績村の聖湖や聖高原スキー場周辺で、冬場の事故を想定した救助訓練を実施した。災害時の救助活動に携わる機動隊員などが参加して毎年行っている。厚い氷に覆われた湖の中やスキー場のリフトなどから遭難者やスキーヤーを救出する訓練をして冬季の災害や事故に備え、安全で的確に人命を救助する手順や連携を確認した。

 他県を含む大規模災害時などに編成される広域緊急援助隊(広緊隊)や緊急災害警備隊(緊災隊)、航空隊・山岳安全対策課、機動警察通信隊から50人が参加した。なだれで雪に埋まった車両から救助する訓練では、ドローン(小型無人機)で埋没場所を探し、雪を掘り起こして遭難者役の隊員を助け出した。
 聖湖ではチェーンソーで厚さ約30㌢の氷に穴を開け、潜水服に身を包んだ隊員が水中に潜って深さ約6㍍の水底から遭難者に見立てた人形を救出した。「大丈夫ですか」「頑張ってください」などと声を掛けて速やかに毛布でくるみ、上空から航空隊員が県警ヘリに搬送した。
 高さ約6㍍のリフトから救助が必要な人を下ろす訓練や、金属探知機やゾンデ棒を使った雪中探索の訓練も行った。県警警備部の大川雄一部長は「しっかりとした連携が確認できた。いかなる環境下でも人命救助できるように訓練を重ねたい」と講評した。
 広緊隊や緊災隊は近年、東日本大震災や、北海道や熊本県の大地震などに出動している。県警機動隊の小松靖副隊長は「冬季の災害は積雪や低温など悪条件が重なる。隊員の健康管理や機材点検をより徹底したい。レジャーに出掛ける人にも最大限の装備をしてもらうよう求めたい」と話していた。