スポーツ

スノボで世界の舞台へ 豊科の戸田大也さん

 安曇野市豊科光に実家があるプロスノーボーダー・戸田大也さん(19)=中京大学スポーツ科学部2年=が、3月にロシアで開かれる国際大会「第29回冬季ユニバーシアード」に初出場する。アルペンスノーボードの大回転と回転の2種目に日本代表として臨む。春休みで帰省中の戸田さんは「初出場で優勝を目指す」と目標を掲げ、笑顔で意気込みを語った。

 ユニバーシアードは、国際大学スポーツ連盟が主催する学生を対象にした国際大会で「学生のオリンピック」とも呼ばれる。オリンピックと同様に夏季と冬季の大会があり、戸田さんが出場する冬季大会は3月2日にロシアのクラスノヤルクスで開幕し、7競技・76種目が行われる。
 全日本学生スキー連盟などが、将来オリンピックなどの国際大会でメダルが期待できる選手を日本代表に選んでいる。戸田さんは昨年3月の全日本スキー選手権大会で準優勝するなど、国内外での実績を高く評価された。最近では2月2日と3日に開かれた、プロ選手が所属するPSAアジアの国内ツアーで回転3位、大回転2位の好成績を収めている。
 ユニバーシアードでは予選で2本滑走し、合計タイムで上位16人に入ると、決勝トーナメントに進むことができる。戸田さんは「緊張すればするほど、気持ちも高揚する」と話し「アルペンではタイムが全て。誰よりも速く、記録にも記憶にも残る選手になりたい」と世界での飛躍を誓った。25日にロシアに向けて安曇野をたつ。

連載・特集

もっと見る