地域の話題

新郎新婦の門出、学生が演出 MITが実践授業で人前式と披露宴を企画運営

 専門学校未来ビジネスカレッジ(MIT、松本市渚2)のブライダル・ホテル学科の学生プロデュースによる結婚式が14日、松本市高宮東のザ・ブライトガーデンで開かれた。ケーキ作りなどで協力した他学科の学生を含め24人が準備し、心を込めた演出で新郎新婦の門出に花を添えた。
 昨年1月に婚姻届を出した松本市寿台3の会社員・竹野優斗さん(21)と妻・真由香さん(19)の人前式と披露宴を企画運営した。7カ月の長女・紡ちゃんの名前をテーマとし、糸やひもを使った演出を取り入れた。竹野さんは「式の予定はなかったが、やってよかった。気持ちをくんで動いてくれ、勉強しているのだろうと思った」と感謝していた。
 ブライトガーデンの協力による実践授業で、9年目となった。介添えを担当した1年生の橋詰真依さん(19)は「本物の結婚式のよさと想定外のことに対応する難しさを実感した。ブライダル関係を目指す気持ちが強まった」と話していた。