地域の話題

お店で体験してみよう 松本まちゼミ開幕

 松本市中心市街地の商店主や従業員が講師となり、店舗を会場にさまざまな体験ができる「第10回松本まちなかゼミナール(まちゼミ)」が9日に始まった。3月10日まで、43店舗が57講座を提供する。初日から多彩な講座が開かれ、多くの人たちが参加した。

 美容、健康、作る、学ぶ、食べるの5テーマの講座が設けられている。石井味噌(埋橋1)は、大豆、こうじ、塩といったシンプルな材料でみそを仕込む講座を開き、親子を中心に約20人が受講した。母親と参加した清水小学校5年の大月凛華さん(11)は「完成したらお母さんと豚汁を作りたい」と笑顔を見せていた。
 今回、初めて講座を企画した養老乃瀧食文化会館店(深志2)は、店舗のメニューにある2種類のピザを作る講座を用意した。養老乃瀧営業グループの加納岳彦さんは「これまで来店する機会があまりなかった方との接点になればうれしい」と話していた。
 定員に達していない講座は、まだ参加を申し込むことができる。問い合わせは各店もしくは、まちゼミを主催する松本商工会議所地域振興グループ(電話0263・32・5345)へ。

連載・特集

もっと見る