地域の話題

厳寒の松本、ぶらり散策 3連休の行楽客でにぎわう

雪景色の松本城を楽しむ国内外の観光客たち

 国民の祝日「建国記念の日」(11日)に続く3連休に入った9日、松本地方の主な観光地は寒さに見舞われながらも大勢の行楽客らでにぎわった。

 松本市の松本城公園には、海外からのツアー客に加え、国内旅行を楽しむ家族連れなどが多く訪れ、屋根が雪化粧した国宝天守を写真に収めるなどしていた。家族3人で前日から市内を訪れていた川崎市の会社員・西田邦紘さん(33)は「少し寒いけれど、松本の街並みや歴史が興味深い。街中散策も楽しみたい」と笑顔を見せていた。
 松本城管理事務所によると、昨年2月の3連休中も1日に2000人ほどが登城しており、「(客足に)寒さのマイナス影響はあるかもしれないが、冬場としては来場者が多い。連休中日が最もにぎわうのでは」と見込んでいた。