地域の話題

コトヨウカで無病息災祈願

薄川の岸辺で焼かれる厩所集落のわら馬

 一年の農事始まりとなる「お八日」の8日、無病息災を祈る松本地方の伝統行事「コトヨウカ」(国選択無形民俗文化財)が松本市入山辺地区などで行われた。住民たちはさまざまな祈りの形で、疫病神や貧乏神を追い出そうとした。
 上手町集落の家々の前では早朝、ワラやネギなど臭いものを焼く「ヌカエブシ」の小さな煙が上がり、集落の道祖神にはべったりと餅を塗る「餅塗り」を行う住民の姿も見られた。
 厩所集落では午後、公民館で貧乏神のわら馬づくりがあり、住民約20人が手作りした体長約2メートルのわら馬の回りで数珠回しをした後、「貧乏神追い出せ」と唱えながら集落外れの薄川まで運んで焼いた。先達を務めた町会長の中野博充さん(70)は「住民の協力と熱意で今年も立派にできた。今後も暦通り続けたい」と願った。
 市内ではほかに、今井下新田で10日、両島で11日にわらの大きな足半を集落外れに掛けるコトヨウカ行事が行われる。

連載・特集

もっと見る