地域の話題

花フェスタ5企画展

 4月25日~6月16日に中信4市(松本、塩尻、安曇野、大町)で開かれる「第36回全国都市緑化信州フェア(信州花フェスタ2019)」の実行委員会は1日、県庁で記者会見し、花フェスタの企画展・催事の概要を発表した。企画展は信州ならではの特別な内容で5種を展開する。メイン会場・松本平広域公園のやまびこドームでは、いわさきちひろの絵本の世界観が楽しめる体験型企画、信州産サボテンのインスタレーション(空間芸術)、劇団四季の舞台装置の特別展を催す。

いわさきちひろの作品にちなんだ企画は「花とあそびの庭」と題し、花や子供たちが描かれたちひろの絵がプリントされた大型の布パネル二十数枚を環状に並べ、絵本の中にいるような空間を味わったり、写真撮影を楽しんだりできる。いわさきちひろ記念事業団の竹迫祐子事務局長は「平和や花を愛したちひろの作品を通じ、花や緑との共生が未来にもたらすものを考える機会になれば。花を愛する人がたくさん集ってほしい」と期待を寄せた。
 サボテンの展示では、信州で栽培したサボテンと石灰岩でメキシコのサボテン原生地を再現する。劇団四季の展示では、「赤毛のアン」など舞台2作品の装置を並べる。会期はあそびの庭が5月25日~6月16日、サボテンのインスタレーションが4月25日~6月16日、劇団四季展が4月25日~5月19日。
 サブ会場の国営アルプスあづみの公園では2種の企画展がある。堀金・穂高地区では5月24~6月2日、現代美術家・柿崎順一さんがコマクサ1000株を生けたアート展を、大町・松川地区では、4月20~29日、宿根草のホスタ(ギボウシ)の特別展を催す。
 太田寛副知事は会見で「さまざまな観点から花や緑の魅力を発信し、素晴らしさを感じてもらいたい」と期待を述べた。

連載・特集

もっと見る