連載・特集

2019.2.4みすず野

 サッカーJ1の松本山雅FCのキャンプはすでにたけなわ、練習試合も行われている。プロ野球も2月の声を聞くと同時に、各球団キャンプイン、球春到来だ。サッカー、プロ野球とも開幕に向け、ファンは胸わくわく◆そんななか立春である。暦のうえでは、きょうから立夏の前日(5月5日)までが春。いつもの年だと、立春と言われてもほとんど実感がないが、ことしは暖冬で雪も少ないことから、立春っぽい。草木が芽吹く希望に満ちる春が、そこまで来ているような感がする。ただし気を緩めていると、寒さがぶり返したり、大雪が降ったり、自然はわからない◆インフルエンザが猛威を振るい、当地の医療機関や高齢者施設で集団感染が発生、死者が何人か出ている。小中学校等の学級閉鎖も数多く報告されており、引き続き注意が必要だ。手洗い、マスクの着用はもちろん、体の不調や異変を感じたら、早めに医療機関を受診しよう◆立春で、反射的に思い浮かぶのは土手などで、土の中から頭をもたげるフキノトウ。春一番を告げる山菜だ。独特の風味、苦味がたまらない。「蕗の薹摘むにはじまる小さかもり」(皆川盤水)

連載・特集

もっと見る