地域の話題

おはなスイーツ募る 花フェスタ 安曇野の実行委

 中信4市で開催される全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019」(4月25日~6月16日)に向け、安曇野市の実行委員会が食で花を楽しむ独自のプロジェクトを計画している。デザインや食材に花を取り入れたオリジナル菓子を市内店舗から募り、「安曇野おはなスイーツ」としてイベントで販売する。美しい花々に彩られた会場でくつろげるように甘い物を用意し、来訪者の満足感を高める。

 見た目が花を連想させる、または桜餅の花びらのように花を材料に使っている和菓子、洋菓子を募集している。バラエティーに富んだ「おはなスイーツ」を10点をめどに集め、サテライト会場の三郷文化公園と市役所本庁舎で1回ずつショーケースに並べて販売する。
 三郷文化公園では、新天皇即位と大型連休を合わせた10連休中の4月28日、ガーデンデザイナーの吉谷桂子さんの講演に合わせて販売する。本庁舎での販売は、ドリンクフェスタに合わせて5月下旬(開催日未定)に行う予定だ。これに先立ち、一般市民向けの試食会を3月中旬に開く。
 市内では、安曇野産野菜を使ったスイーツを期間限定で販売する「安曇野やさいスイーツフェア」を毎年秋に実施しており、プロジェクトの下地はできている。実行委事務局の市都市計画課の担当者は「飲食店の応募もできる。参加店舗を巡りたいと思うきっかけづくりにもなれば」と話している。
 スイーツの募集は今月末まで行っている。問い合わせは市都市計画課(電話0263・71・2249)へ。