教育・子育て

センター試験が終了 2日目はトラブルなく

 平成31年度大学入試センター試験の2日目が20日、全国一斉に行われた。中信地区で会場となった信州大学松本キャンパス(松本市旭3)、松本大学(同市新村)、松本歯科大学(塩尻市広丘郷原)では、いずれも目立ったトラブルはなく、2日間の日程を終えた。

 2日目は理科①、数学②、数学②、理科②の試験が行われた。信州大学松本キャンパスでは、試験が終了すると、緊張感から解放されてほっとしたり、仲間と結果を振り返ったりと、さまざまな表情をした受験生が帰路に就いていた。国公立大学を志望しているという予備校に通う松本市内の生徒(19)は「数学も理科も簡単な問題が多かったと思う。受験校を選ぶ参考にしたい」と話し、市内の高校の男子生徒(18)は「思ったりよりも難しかった」と振り返っていた。
 平均点などの中間発表は23日に行われる。病気などで受験できなかった人などを対象にした追試験は26日と27日に行われる。