地域の話題

外国語の読み聞かせ 子供たち堪能 塩尻市立図書館 おはなし会

 英語とスペイン語での絵本の読み聞かせを楽しむおはなし会が19日、塩尻市の市民交流センター・えんぱーくで開かれた。市立図書館が年1回企画する外国語でのおはなし会で、スペイン語では初めて。親子連れなど50人余りが参加し、外国語の独特のリズムや響きを楽しんだ。

 市内小学校で指導する英語講師・矢島光さん(29)と、北小野出身の青年海外協力隊OB・吉田太郎さん(32)が読み手を務めた。矢島さんは英語でのじゃんけんをして雰囲気を和ませ、簡単な英語で楽しめる絵本2冊を読み聞かせた。
 吉田さんはパラグアイでの駐在経験があり、子供たちに人気の絵本『はらぺこあおむし』をスペイン語で披露した。子供たちは英語やスペイン語を復唱しながら、絵本の世界に夢中になっていた。
 会場には国際協力機構(JICA)の協力で、パラグアイをはじめとする中南米の国々の民族衣装や伝統工芸品なども展示された。参加者は展示品を興味深そうに眺めたり身に着けたりして異文化に触れた。家族で参加した小林茉乃彩ちゃん(6)=広丘堅石=は「スペイン語は初めて聞いたけれど面白かった」と笑顔を見せていた。