スポーツ

御嶽海は横綱・稀勢の里と初日に対戦 大相撲初場所

 13日に始まる大相撲初場所(両国国技館)の2日目までの取組が11日に決まった。昨年11月の九州場所を7勝8敗と4場所ぶりに負け越した上松町出身の御嶽海(出羽海部屋)は、西小結で挑む。初日は結びの一番で東横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)と、2日目は結び前の一番で東横綱・鶴竜(井筒部屋)と対戦する。
 昨年は7月の名古屋場所で幕内初優勝を果たしたが、その後2場所での大関昇進には届かなかった。初場所は大関とりに向けて再スタートを切る場所となる。
 御嶽海が三役で本場所に挑むのは12場所連続となる。稀勢の里とは過去1勝6敗、鶴竜とは過去3勝5敗と、いずれも負けが込んでいる。

連載・特集

もっと見る