教育・子育て

状況説明は落ち着いて 「110番の日」児童が通報訓練

110番の通報訓練をする児童

 「110番の日」に合わせて、松本市の寿小学校で10日、110番の通報訓練が行われた。6年生の約60人が、松本警察署員から110番のかけ方についての話を聞いたあと、交通事故や事件を目撃したとの想定で実際に110番をして電話口で状況を説明した。松原亜美さん(11)は「実際はもっと慌てちゃうと思うけれど、分かることをしっかり伝えたい」と意識を高めていた。

連載・特集

もっと見る