地域の話題

四柱神社で"おみくじの花"満開

 松本市大手3の四柱神社の境内で、今年も初詣に訪れた人たちが結び付けたおみくじの紙が連なった"おみくじの花"が満開となった。大勢の参拝客が訪れる新春ならではの光景で、真っ白な紙の花が境内を彩っている。
 竹に縄を取り付けた結び所が境内4カ所に設けられている。9日も小学生が保護者らと訪れ、それぞれの願いを込めながら紙を結び付けていた。
 芳川小学校3年生の村石早知香さん(8)は「習い事の一輪車で新しい技がたくさんできるようになりたい」と願いを込め、一緒に訪れた友人の田内美羽さん(9)は「去年は骨折したので、今年は健康に過ごしたい」と笑顔で話していた。
 結び所は商都の伝統行事・松本あめ市が終わる1月中旬まで境内に設置され、おみくじはおはらいをした後にたき上げられる。

連載・特集

もっと見る