スポーツ

松本国際4強ならず 春高バレー

 第71回全日本バレーボール高校選手権大会は7日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の3回戦各8試合と準々決勝を行った。県代表は、男子の松本国際が3回戦で東福岡(福岡)に2-0のストレート勝ち、準々決勝は洛南(京都)と対戦し、0-2で敗れて4強入りはならなかった。
 3回戦の松本国際は第1セット、スパイク、ブロックともに好調で25-18の快勝。第2セットも立ち上がりに5連続ポイントを奪って流れをつかみ、中盤に追い上げられたものの25-21で逃げ切った。
 夏のインターハイ準優勝の洛南と対戦した準々決勝は、第1セットから互角の戦いを展開するも、23-25で落とした。第2セットは5連続ポイントを奪われるなど流れをつかめず、19-25で奪われた。

連載・特集

もっと見る