地域の話題

正月用の切り餅作り みたけグルメ工房で大忙し

 木曽町三岳の農産物加工施設・みたけグルメ工房(西尾礼子代表)で正月向けの切り餅作りが最盛期を迎えている。機械式の杵でつく素朴な音が響く施設内は、餅の香りと、手際よく作業を進めるスタッフの熱気に包まれている。

 つきたての餅を型に入れて伸ばし、ほぼ名刺大の大きさに切って箱詰めする。白い切り餅のほかに黒豆やアワなど5種類を用意しており、隣接する道の駅の直売所に並べるほか、注文にも応じている。三岳産の米を使った餅は毎年好評で、同工房では「餅に入れたヨモギも地元産。今年は色が抜群」と話していた。
 切り餅は40枚入り4000円(税込み)で、もち米を持ち込んだ場合は2000円、ヨモギなどを加えると300円の追加となる。注文は28日まで受け付ける。問い合わせは同工房(電話0264・46・3677)へ。

連載・特集

もっと見る