地域の話題

木曽の行人橋 橋桁の補強完了

 木曽町福島の中心街の木曽川に架かる行人橋で進められていた本年度分の補修工事が完了した。9月から橋全体を工事用の幕で覆い、橋桁の傷みを直していた。補修で橋の強度は確保できたといい、昭和10(1935)年の完成から83年がたつ老橋はまだまだ活躍できそうだ。

 橋桁のコンクリートに生じた欠損やひびを削り取り、新しいコンクリートで補ったり隙間に樹脂を注入したりして強度を保てるようにした。木曽建設事務所維持管理課の足立修課長は「想定以上に傷みが見つかったが、予定通り完了できた」と業者に感謝する。
 行人橋で本格的な補修が実施されるのは、少なくとも10年以上ぶりという。来年度は橋上部の防水・排水機能を高め、舗装を修繕する工事を予定する。

連載・特集

もっと見る