スポーツ

高校野球に懸けた情熱表彰 県高野連中信支部

表彰式に出席した10人の選手と部員(前列)

 県高校野球連盟中信支部(平林春雄支部長)は7日、松本市巾上のホテルモンターニュ松本で本年度の優秀選手・優秀部員表彰式を開き、中信地区の3年生11人を表彰した。主将としてチームをまとめた選手9人と、裏方でチームを支え、大会運営にも貢献したマネジャー2人が選ばれた。式典には10人が出席し、表彰状や記念品を贈って3年間の努力をたたえた。
 式典で、平林支部長は「表彰を受けたことを誇りに思って。今後、どんな人生を歩むかを考えるきっかけにもしてほしい。大いに羽ばたいて」と激励した。受賞者を代表し、県ケ丘の前主将の西澤俊佑君(18)は「3年間の高校野球生活は自分を大いに成長させてくれたかけがえのないもの。大学に進学し、卒業後には野球の魅力を伝えられるような役割を果たしたい」と語った。
 受賞者は次の皆さん。
 ▽優秀選手=本木翔也(志学館)大月直也(梓川)西澤俊佑(県ケ丘)小林絃(深志)百瀬達啓(美須々ケ丘)轟陸玖(蟻ケ崎)中澤拓美(明科)山口直哉(池田工)春日飛輝(大町岳陽)
 ▽優秀部員=沢畑あずさ(田川)舩谷歩生(都市大塩尻)

連載・特集

もっと見る