地域の話題

今季の狩猟 県内一斉に解禁

猟銃を構えるハンター(松本市岡田伊深、15日午前7時20分ころ)

 今季の狩猟が15日、県内一斉に解禁された。松本地方の山林でも、早朝からハンターたちが獲物を狙って猟銃を構える姿が見られた。猟銃を使った狩猟は来年2月15日まで、ニホンジカとイノシシのわな猟は3月15日までとなっている。主にシカやイノシシの「大物猟」を行っている芦田勝弘さん(72)=松本市岡田町=は「安全第一で楽しみたい」と話していた。