スポーツ

山雅が連勝でJ1昇格へ王手 首位守り17日に最終節

後半27分に先制ゴールを決めるDF田中

 サッカーJ2松本山雅FCはリーグ戦第41節の11日、宇都宮市の栃木県グリーンスタジアムで栃木SCと対戦し、DF田中が後半に決めた1点を守り切って連勝を果たした。勝ち点3を加えて首位をキープし、J1自動昇格へ王手をかけた。栃木戦にはアウェーにもかかわらず約4500人の山雅サポーターが集まり、J1昇格に近づく勝利を選手と一緒に喜んだ。山雅は今季リーグ最終戦となる17日の徳島ヴォルティス戦に勝てば、3年ぶりのJ1自動昇格と初のJ2優勝が決まる。

 山雅は勝ち点76で首位に立った。2位大分と3位町田は勝ち点75で、山雅は勝てば無条件でJ1自動昇格が決まる。山雅が引き分けたり負けたりした場合は、12位山形と戦う大分、5位東京Vと対戦する町田の結果に左右される。山雅が敗れ、4位で勝ち点73の横浜FCが勝った場合、山雅は4位まで落ちる可能性がある。
 チームは12日に松本市のかりがねサッカー場で練習を行い、栃木戦に先発した選手はリカバリートレーニングで疲労回復に努め、控え選手はJ3群馬との練習試合に出場した。
 山雅は17日、松本市のサンプロアルウィンで徳島と対戦する。午後2時のキックオフとなる。