教育・子育て

農機具でゴー! 若手農家有志が保育園で食育活動

農機具に乗せてもらい、クラブの会員と一緒に園庭を走る園児

 松本市の若手農家でつくる「松本市新しい農業経営者協議会」(サラダクラブ)は8日、同市南松本1の南松本保育園で、地元産の野菜や農業に親しんでもらうための食育活動をした。園庭で草を刈る農機具に乗せてもらった年長の林柊真ちゃん(5)は「タイヤが大きかった。楽しかった」と笑顔を見せていた。給食では、園児たちは同クラブが提供した食材を使ったメニューを味わった。