スポーツ

松商の石垣が準優勝 U―15全国選抜ジュニアテニス

 全国各地域から選抜された15歳以下が争うU―15全国選抜ジュニアテニス選手権大会(第37回中牟田杯)が4日まで、福岡市の東平尾公園博多の森テニス競技場で開かれ、男子シングルスに出場した松商の石垣秀悟(1年)が準優勝した。石垣は1回戦から準決勝までの5戦を全てストレートで勝ち上がった。決勝は第1シードの磯村志(やすいそ庭球部、中国)にストレートで敗れたが、準優勝の快挙を果たした。
 大会は10月30日から4日まで行われ、男子シングルスには64人が出場した。大会は来年度の15歳以下国別対抗戦・ジュニアデビスカップ(男子)とジュニアフェドカップ(女子)アジア・オセアニア予選の日本代表候補選手の選考会も兼ねた。