地域の話題

国際バレエ銀賞の清沢飛雄馬さんに松本市が文化芸術大賞

 松本市は24日、世界三大バレエ大会の一つ・ジャクソン国際バレエコンクール男子ジュニア部門で銀賞を受けた清沢飛雄馬さん(27)=波田=に市文化芸術大賞を贈ると発表した。大賞受賞は平成19年度に現表彰制度になって以降5人目で、26年にローザンヌ国際バレエコンクールで優勝した二山治雄さん以来となる。

 大賞は世界規模の大会で最高賞かそれに準じる賞を受けた人に贈られる。菅谷市長は同日の定例記者会見で、清沢さんを「大変素晴らしい」とあらためてたたえ「若い人たちが世界に向けて頑張っていることはうれしい」と述べた。
 市内在住の小説家・小嶋諒さん(27)=ペンネーム・小嶋陽太郎=に市文化芸術奨励賞を贈ることも発表した。小嶋さんは信州大学人文学部在学中の26年に「気障でけっこうです」で第16回ボイルドエッグズ新人賞を史上最年少で受賞した。
 市内の芸術文化団体代表者らでつくる選考委員会(委員長・坪田明男副市長)が決めた。文化芸術功労賞は該当者がいなかった。
 11月3日午前11時からまつもと市民芸術館で表彰式典を開き、2人に賞状を贈る。式後の同11時45分から15分間程度、清沢さんがバレエを披露する。初めて式への一般参加を可能にし、先着150人を受け付ける。希望者は10月25~31日の平日午前9時~午後5時に市文化振興課(電話0263・34・3293)へ申し込む。参加無料。

連載・特集

もっと見る