スポーツ

中信勢7校が16強入り 高校サッカー選手権県大会

【都市大塩尻-深志】前半26分、都市大塩尻の丸山が先制となるミドルシュートを放つ

 第97回全国高校サッカー選手権県大会は6日、松本市のあがた運動公園多目的広場など県内6会場で3回戦を行い、中信勢は豊科、松本国際、県ケ丘、松商、松本第一、美須々ケ丘、都市大塩尻の7校が勝利し、16強入りを決めた。美須々ケ丘はPK戦の末に岡谷東を破り、優勝候補で今夏のインターハイとの二冠を狙う松本国際や3年ぶりの優勝を目指す都市大塩尻も大量点を奪って快勝した。4回戦は13日に松本市のかりがねサッカー場など県内4会場で行われる。

連載・特集

もっと見る