教育・子育て

元気に歩いて爽やかな汗 美須々ケ丘高校が強歩大会

高低差のあるコースを徒歩で進む生徒たち
 松本美須々ケ丘高校は5日、「強歩大会」を開いた。今年で45回目を数える伝統行事で、一部のスタッフを除く全校生徒が美鈴湖まで向かう高低差約400メートル、全長23キロのアップダウンの激しいコースに徒歩で挑み、秋空の下、自然に親しみながら爽やかな汗を流した。  

連載・特集

もっと見る