地域の話題

聖南中文化祭ときささげコンサートがコラボ 伸びやかな歌声響く

全員で歌い上げた「ふるさと」の合唱

 筑北村の聖南中学校で29日、全校生徒62人と筑北・麻績両村の合唱サークルが出演する音楽会「きささげふるさとコンサート」があった。今年は初めて学校の文化祭に合わせて開かれ、大勢の保護者や地域住民が集まって楽しいひとときを過ごした。

 第1部は地域住民の合唱、第2部は生徒合唱、第3部は同校吹奏楽部演奏の3部構成で進めた。坂北童謡を楽しむ会・麻績村童謡を歌う会・坂井童謡を楽しむ会の合同合唱のほか、コール・ちくほく、麻績コーラスがなじみのある曲や本格的な組曲を歌い、伸びやかな歌声を披露した。生徒も「Hey Jude」「決意」など学年ごとに選んだ曲で元気に歌った。締めくくりには生徒、出演者、来場者全員で「ふるさと」を歌い上げた。
 吹奏学部は、10月に金沢市で開かれる中部日本吹奏楽コンクール本大会に出場する。映画や大河ドラマのテーマ曲、人気アニメ映画のメドレーなど約10曲を披露し、大きな拍手を受けた。
 文化祭実行委員長の篠田快君(15)=3年=は「地域の皆さんとと団結して例年以上にいい文化祭をつくることができた」話していた。