地域の話題

松本城で月見の宴 風流な催し、もてなし多彩に

 中秋の名月(24日)に合わせて秋の夜長を楽しむ「第19回国宝松本城月見の宴」(松本市、市教育委員会主催)が19日、松本城本丸庭園で始まった。初日から多くの観光客らが訪れ、天守がライトアップされた庭園内から月をめでながら、音楽の演奏などを楽しんだ。24日まで。
 地域の音楽団体によるフルートや雅楽の演奏、生け花の展示、月見団子の販売、茶席のもてなしなどが行われた。来場者は澄んだ秋の空気の中で思い思いに楽しみ、イスラエルから友人3人と初の日本旅行で訪れたナバ・グレイゼルさん(62)は「日本の伝統を感じることができ、すばらしい」と話していた。
 午後5時半~8時半で入場無料。午後5~9時は松本城西側臨時駐車場が無料開放されている。問い合わせは松本城管理事務所(電話0263・32・2902)へ。