スポーツ

御嶽海が4敗目 大関昇進へ土俵際

 大相撲秋場所(両国国技館)10日目の18日、上松町出身の東関脇・御嶽海(出羽海部屋)は、東横綱・鶴竜(井筒部屋)に寄り切りで敗れ、6勝4敗となった。大関昇進の目安とされる直近3場所で計33勝以上のために必要な今場所11勝に到達するには、残り5日間を全勝することが求められる厳しい状況となった。
 立ち合い低く当たって土俵際まで押し込んだが攻めきれなかった。まわしを引いて押し返す横綱の厳しい攻めに反撃のすべなく土俵を割った。
 11日目は西前頭筆頭の魁聖(友綱部屋)と当たる。初顔から4連敗し苦手としていたが、先場所は速い相撲がさえ、押し出しで快勝した。