地域の話題

上松中吹奏楽部 被災地支援

 今月6日に発生した北海道地震や、7月の西日本豪雨など、全国で自然災害が相次ぐ中、上松町の上松中学校吹奏楽部が17日午後2時から、被災地支援を目的としたチャリティー演奏会を町ひのきの里総合文化センターで開く。1~3年生19人が出演し、「亡き王女のためのパヴァーヌ」や「大草原の歌」など13曲を演奏する。

 会場内に募金箱を置き、来場者から支援金を募る。社会福祉協議会を通じて、被災地に送る。入場無料で、多くの来場を呼び掛けている。
 本番を間近に控えた14日の放課後も、部員たちが練習に励んでいた。大橋律子部長(15)=3年=は「復興支援に何かできないかと考え、計画した。演奏を聴いてくれた人が、支援に協力してくれればうれしい」と話し、「自分たちの演奏が町の元気にもつながれば」と張り切っていた。

連載・特集

もっと見る