地域の話題

愛らしいてるてる坊主 全国から池田に大集合 アート展26日まで

公園に並ぶかわいらしい手作りのてるてる坊主

 池田町会染のあづみ野池田クラフトパークで24日、第12回いけだまちてるてる坊主アート展(実行委員会主催)が始まった。全国から寄せられたかわいらしい手作りのてるてる坊主1534点が飾られ、訪れた家族連れなどが北アルプスや安曇野の田園風景とともに楽しんでいる。26日まで。

 子供やファミリーなど5部門があり、大賞と優秀賞を部門ごとに1点ずつ選んだ。子ども部門大賞の若林亜結さん=安曇野市=はバドミントンのシャトルをてるてる坊主に見立てて顔を描き、30個をつなげた。ファミリー部門大賞の吉村尚晃さん=同=は池田町大峰高原の七色大カエデの葉を緑や黄緑色のてるてる坊主で表現した。
 25日と26日はウオータースライダーや、地元住民による木工や紙飛行機作りの体験、野菜販売などがある。両日とも先着100人の子供には手作りべっこうあめもプレゼントする。
 池田町が童謡「てるてる坊主」の作詞者・浅原六朗の出身地であることから毎年開かれている。実行委事務局の町観光協会は子ども部門の応募が例年より大幅に増えたとし「子供たちにてるてる坊主を通じて優しく豊かな創造性を育んでもらえたらうれしい」と話している。午前9時~午後5時(日曜は午後4時まで)。