地域の話題

御岳ロープウェイに「ミラーデッキ」

 御嶽山の5~7合目を結ぶ御岳ロープウェイ(木曽町三岳)の山頂駅に、熱反射ガラスを壁一面に貼り付けた「ミラーデッキ」が登場した。好天なら間近に迫る御嶽山のほか、北・中央アルプスの眺望が映り込む。実際の景色と合わせて大自然の景観が「2倍」楽しめる空間は、「インスタ映えスポット」としても注目を集めそうだ。

 大きさ最大縦約2・2㍍、幅約1・2㍍のガラスを20枚並べた。御嶽山と正対する位置のガラスは取り付け角度を調整し「もう一つのお山」の映り込みを万全にした。
 ガラスが日光を反射して熱を遮るため、夏季の冷房を節約できる省エネ効果もある。運営会社・アスモグループの今孝志社長(64)は「環境に優しい空間の提供は、自然と共生する観光産業の使命」と話し「新たな展望景観ができた。アイデア次第で思わぬ写真が撮れそう」とPRしている。

連載・特集

もっと見る