地域の話題

そば祭り 事務局開設 段位認定会 参加者募る

 松本城公園を主会場に10月6~8日に開催される第15回信州・松本そば祭りの実行委員会がこのほど、松本市白板1の日本広告内に事務局を開設した。問い合わせや申し込みなどに対応しており、2カ月後の祭りに向けて準備が本格化してきた。

 実行委は、市中央体育館で10月6日に行う「素人そば打ち段位認定会(三段位)」の参加者を8月17日まで、10月7日に同所で開催する「第12回信州そば打ち名人戦」の参加者を8月31日まで募集している。段位認定会は募集人員が48人で、そば打ちを職業としない愛好家が参加できる。名人戦は県が育成した品種「信州ひすいそば」を使った九一そば(そば粉が9割)を打つ技術を審査する。
 そば祭りは、全国のそばどころから19団体が出展して地域色豊かなそばを提供し、食べ歩きが楽しめる「全国そば祭り」をメーンイベントに、県内の地場産品やそば粉を使った食品などを販売する約50ブースが出展する「信州地場産市」など、多彩な催しが企画されている。
 問い合わせや申し込みは、第15回信州・松本そば祭り実行委員会事務局(〒390―0863 松本市白板1―9―39、電話0263・33・8002、ファクス0263・35・2308、ホームページアドレスhttp://www.sobamatsuri.jp/)へ。