地域の話題

アルプス公園で遊ぼう 夏休み企画が7日まで

 松本市のアルプス公園内で1日、夏休み企画「あそんでまなんでアルプス公園2018」(トイボックス主催)が始まった。7日までゲームなどの各種イベントが行われる予定で、初日から親子連れでにぎわった。

 初日はスーパーボールすくいなどがあり、多くの子供たちが挑戦していた。甲府市から松本市内の祖母宅に家族で遊びに来た幼稚園年長の今井竜之助ちゃん(6)は「ほしい物が取れて楽しかった」と笑顔を見せていた。
 2日以降の主なイベントは次の通り。詳しい開催場所などはアルプス公園サービスセンター(電話0263・34・5640)へ問い合わせを。
 ▽スーパーボールすくい(7日まで毎日)つりゲーム(2~5日)バッテリーカー(3~5日)しゃてき(4、5日)ボルダリング(5日)アルプスこうえんではたらく車(3日)=時間はいずれも午前10時~午後3時▽どうぶつとふれ合おう=4、5、7日の午後2時~2時半▽おでかけおはなし会=6日午前10時~10時半▽ミニお天気教室=6日午後1時半~2時10分▽セミの抜けがらを探せ=7日午前10時~正午。
 基本的に申し込みは不要だが、「セミの抜けがらを探せ」のみ事前の申し込みが必要。申し込みは主催の県環境保全研究所(電話026・239・1031)へ。