スポーツ

ウェルネス、松本国際が16強に 高校野球長野大会

【岡谷工-ウェルネス】ウェルネス6回2死2塁から、先制の中前打を放つ山田将

 第100回全国高校野球選手権記念長野大会は15日、松本市野球場など4球場で3回戦の残り8試合を行い、16強が出そろった。中信勢はウェルネスが終盤に打線がつながって岡谷工を8回コールドで下し、松本国際は県ケ丘との中信勢対決を制した。蟻ケ崎と大町岳陽は涙をのんだ。16日は4回戦8試合があり、中信勢はウェルネス、松商、松本国際、松本第一の4校が8強入りを目指す。