スポーツ

夏の高校野球、シードの深志散る 松商、第一、国際は順当に3回戦へ

【松川-松本第一】松本第一2回1死2塁から、先制の左越本塁打を放つ小林祐

 第100回全国高校野球選手権記念長野大会は11日、松本市野球場など4会場で2回戦12試合を行い、中信勢はAシードの松商と松本第一、Bシードの松本国際が順当勝ちした。Aシードの深志は中野立志館との投手戦の末に1-3で敗れ、初戦で姿を消した。松本工、南安曇農も3回戦進出はならなかった。12日は2回戦12試合を行う。