地域の話題

「撮っておきの山形」募る みんなの写真作品、今月末まで

チラシを手に応募を呼び掛ける坂野さん

 山形村は今夏、村内で撮った写真を募る「やまがた☆みんなの写真展」を行っている。7月末までインターネット上で応募を呼び掛けており、8月中に専用サイトを設けて気に入った作品への投票を受け付ける。何げなく生活していたり、通ったりするだけでは分からない村の魅力を掘り起こす考えで、村内外に応募を呼び掛ける。

 風景、四季、家族の3部門を設ける。投票結果は9月3日に発表し、各部門の得票上位5点を村がポストカード(1点50枚)に仕立てて販売する。インターネットやミラ・フード館で展示し、村の各所情報をまとめた「やまがた情報ポータル」の目立つ位置に載せるメインビジュアルとしても使う計画だ。
 応募者名や作品タイトル、撮影場所などを添え、専用サイトで応募する。1人何枚でも寄せることができ、村内で撮った写真なら、撮影時期は問わない。使用版権は村に帰属する。投票は、撮影者を明かさずに全応募作品を載せる別の専用サイトで受け付け、各部門3枚ずつまでを選べる。
 村地域おこし協力隊の坂野岳人さんが企画した。村民や村職員の写真好きと話していて「村内には絵になる所が多い。みんなに伝えたい」と考えた。坂野さんは「撮影地を示すので、いいなと感じた写真の場所に訪ねてほしい」と期待している。
 村役場など村内の公共施設で配っているチラシに、専用サイトのアドレスや、スマートフォンなどでサイトに手軽に接続できるQRコードを載せている。問い合わせは村総務課(電話0263・98・3111)へ。