地域の話題

恋路峠の「愛を誓う南京錠」もっと知って

 南木曽町と大桑村境にある恋路峠(標高670㍍)を恋にちなんだ新名所にしようと、両町村観光協会が連携して二つのモニュメントを設置・披露してから、間もなく2カ月となる。このうち、展望台に向かう道沿いの手すりにあり、恋人たちが南京錠をかけて愛を誓う「誓いのロックチェーン」に掛けられた錠は2個(20日現在)にとどまり、PR不足に悩んでいる。現状を打開しようと、大桑村側の玄関口に当たる温泉宿泊施設・フォレスパ木曽あてら荘(大桑村野尻)が、新名所を紹介するコーナーを設置した。

 ロビーの掲示板に、「その『愛』叶えよう」とキャッチフレーズを掲げ、モニュメントの写真や新聞記事計7点を張り出した。
 あてら荘などによると、峠越えのハイカーは一定数いるが、中高年層が多い。峠に新設されたもう一つのモニュメント「成就の鐘」の写真を撮ったり展望台からの眺めを楽しんだりしているが、南京錠を掛けるまでには至っていないようだ。
 ハート形の南京錠は1個1000円で、大桑村内では、あてら荘と道の駅・大桑で購入できる。南木曽町側も今後、販売箇所を設ける。あてら荘の担当者は「南京錠の取り扱い場所が増えれば。恋路峠に足を運んでもらえるよう、皆で盛り上げよう」と呼び掛けている。