地域の話題

児童がサッカーで熱戦 サンリン杯に32チーム

 県内の小学生チームが集う第4回サンリンカップ少年サッカー大会(サンリン、松本市サッカースポーツ少年団連合会主催)が24日、松本市と山形村の8会場で始まった。初日は予選リーグが行われ、出場32チームが8リーグに分かれて決勝トーナメント進出を懸けた予選リーグを行い、熱戦を繰り広げた。

 4チームごとに分かれて予選リーグ1位を決めた。島立小学校で開かれたAグループの試合には松本エスティーロ、波田サッカースポーツ少年団、明科サッカースポーツ少年団、ボニートンジュニアFCが出場した。選手たちは声を掛け合ってボールを追い、ゴールを狙って激しい攻防を繰り広げた。
 予選リーグ1位通過の8チームが7月15日に松本市のあがた運動公園で行われる決勝トーナメントに進んだ。