教育・子育て

里山辺の園児入浴体験

 松本市里山辺保育園の園児たちが19日、美ケ原温泉の入浴施設「ふれあい山辺館 白糸の湯」で入浴体験をした。年長児約40人が公衆浴場でのマナーを身に付けながら源泉掛け流しの広い湯船に仲良くつかり、地元の温泉を楽しんだ。

 飛び込まない、タオルを入れないといったエチケットを学び、男女に分かれて入浴した。掛け湯をしてから湯に入ると気持ちよさそうに肩までつかり、露天風呂と内湯の両方を体験した。赤羽結優ちゃん(5)は「気持ちよかったし、みんなで入って楽しかった」と笑顔だった。
 白糸の湯が休館日に合わせて毎年園児を招待している。赤羽正専務(74)は「裸の付き合いで友情を深め、思い出にしてもらえれば」と目を細めていた。