スポーツ

山雅がアルウィン初黒星 大分に1-4

 サッカーJ2松本山雅FCはリーグ戦第19節の16日、松本市の総合球技場アルウィンで大分トリニータと対戦した。MF前田直の今季初得点で先制したが、MF岩間が退場になったことも影響して前・後半で4失点し、逆転負けした。ホームでは初黒星で暫定5位となり、J1自動昇格圏の2位との勝ち点差は6に広がった。

 山雅は前節の京都戦と同じ先発で大分戦に臨んだ。前半は6分にFW前田大がカウンターを仕掛け、右サイドを走り込んだMF前田直がパスを受けシュートを放ち先制した。ただ、22分に岩間が退場処分を受け数的不利になると、35分にPKを与えて追いつかれ、40分には逆転弾を許した。後半はシンプルな形で山雅が攻めたが決め手を欠き、38分、40分と失点を重ねた。
 山雅は第20節の23日、アルウィンでジェフユナイテッド千葉と対戦する。午後6時のキックオフとなる。