地域の話題

ビール醸造所兼パブが松本に開店 個性豊かな味提供

松本市島内の深沢賢二さん(55)はこのほど、同市巾上にクラフトビールの醸造所を併設したパブ「麦香」をオープンさせた。会社員時代に米国で親しんだ経験から温めてきた思いを実現させ、自ら醸したビールをその場で提供するスタイルにこだわる。小規模の利点を生かしながら個性豊かな味をそろえ、多くの人に魅力を伝えようと奮闘している。

爽やかで飲みやすいアメリカンペールエールを定番とする他、タイプの異なるオリジナルビールを3、4種類と、こだわりを持つ他の醸造所のビールも常時そろえる。レモンや梅といった地元産の果物を使うなど小規模だからこそできる冒険もしながらクラフトビールらしい多彩な味を目指す。山好きが高じてオリジナルビールの名称は北アルプスなどの山にちなんでいる。
 40代後半から5年ほど赴任した米国では、種類豊富なクラフトビールを日常的に味わい好みの味を見つける楽しみがあったという。帰国後、地元でもっと手軽にクラフトビールを飲めたらと感じ、かねて第2の人生は楽しみの中で仕事をしたいと考えていたことから早期退職を決意した。
 半年ほどの準備休暇の中で醸造を学んだり、こぢんまりとしたクラフト感あふれる店を目指して自ら内装を手掛けたりしてきた。醸造所と店舗を併設することでお客さんと作り手が直接やり取りを楽しみ、客席から醸造タンクが見える演出で臨場感や高揚感とともに味わってもらうことも期待する。輸送費がかからない分、価格を抑えられる利点もあるとする。
 深沢さんは「地元の人に気軽に寄ってもらえる店にしたい。コンテストなどで腕を磨き、地元食材を取り入れながら飲んだことのない味も提供していきたい」と話している。
 営業は木曜日から日曜日まで。問い合わせは麦香(電話0263・30・8230)へ。