地域の話題

プール開きへ児童清掃

プールをデッキブラシで磨く6年生(島立小)

 6月に入り、松本市内の公立小学校で、プール開きに向けた清掃が行われている。児童たちは、夏の間に水泳の授業で使うプールを丹念に磨き上げ、シーズン開始に備えている。

19日にプール開きを控えた島立小学校でも、7日からプール清掃が始まり、8日は6年生53人が仕上げの清掃に取り組んだ。安全のためにヘルメットをかぶり、水着・Tシャツ姿となった児童たちは、大プールの隅々をデッキブラシなどで磨き、昨秋以降にたまった藻や汚れをかき出していた。
 壁面を磨いていた堀川弥耶さん(12)は「なかなか汚れが落ちず大変だけれど、水泳が今から楽しみ。この夏は平泳ぎが上手になれば」と笑顔で張り切っていた。

連載・特集

もっと見る