教育・子育て

島内小にヤギの親子仲間入り 2年生119人で飼育を担当

島内小学校に来校したヤギとふれ合う児童たち

 松本市の島内小学校で5日、ヤギの飼育が始まった。命の大切さを学びつつ、学校敷地内の除草にも役立てようという取り組みで、3年目を迎える。地元の農業・小原太郎さん(44)が飼育するヤギの親子3頭が来校した。29日まで2年生119人が交代で世話をする。

連載・特集

もっと見る