地域の話題

カッター持った不審な男 朝日で児童追い掛ける

 31日午前7時20分ごろ、朝日村古見の県道で、登校中の朝日小学校の児童が、カッターナイフを持った男に追い掛けられたと、学校到着後に教師に申し出た。児童にけがはなかった。同校や山形村、松本市の各小中学校は、下校時に学校の敷地内で児童を保護者に引き渡したり、集団下校をさせたりといった対応をした。
 朝日村教育委員会などによると、男は黒っぽい服装で、乗っていた黒っぽい車から降りて追い掛けてきたという。児童は1人で歩いていて、男から逃げたという。
 塩尻警察署は当時の状況などを慎重に調べているほか、下校時間帯には一帯をパトロールした。村教委は村の全職員に、外出時などに警戒に当たるよう求めた。
 同村教委によると、朝日小は1日にかけて、通常は行っていない集団登下校をしている。教師が通学路で警戒に当たるほか、村や村教委の職員が巡回している。隣の山形小では学校敷地内で、保護者に児童を引き渡す対応をした。
 朝日小に通う5年生と4年生の息子2人を児童センターに迎えに来た母親(43)は「(不審者が出たのが)ちょうど子供の通学路だったので怖い。早く捕まってほしい」と不安そうに話した。