連載・特集

2018.6.26 みすず野

 寝不足で出勤し、頭がぼおっとして仕事が...という人が多いのでは。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の、とりわけ日本の試合の日である。J2松本山雅の戦いも気が抜けないが、W杯の国を挙げての一発勝負は、やっぱり面白い◆初戦でコロンビアを破る、大番狂わせを起こした日本は、第2戦アフリカの強豪セネガルと対戦、先制されて追いつき、勝ち越されてまた追いつき、2―2で引き分け、決勝トーナメント進出に前進した。「岡ちゃん」こと岡田武史さん(元日本代表監督)が試合後、現地からの談話で感心していた◆「成長している。選手一人一人が、監督のようなコメントをしている。今後、何も変える必要はない。チャンスは十分作れる」。絶妙のロングパスを出す柴崎選手は「一試合ごと、コンビネーションが良くなって、ゴール前攻防が増えてきた」と言い、長友選手は「(次戦のかぎは)強い気持ち。チームが一つになること」と話した◆その次戦、対ポーランドは28日(日本時間午後11時)だ。ポーランドは決勝Tの望みがすでにない。日本は引き分け以上で決勝Tに進める。やってくれるだろう。