教育・子育て

四賀小児童が田植え体験 地元の食と農業に理解深める

 松本市四賀小学校の5年生22人が17日、学校近くの田んぼで田植え体験をした。市農業委員会、市社会福祉協議会、JA松本ハイランドが食と農業への理解を深めてもらうおうと毎年行っている企画で、児童たちが地元で昔から作られているもち米「明神餅(みょうじんもち)」を植えた。

連載・特集

もっと見る