政治・経済

松本市の町会リーフレット刷新

 松本市と市町会連合会は、年々減少している町会加入率(登録世帯数に占める加入世帯数の割合)を高めるため、町会活動を紹介するリーフレット「あなたも町会に加入しましょう」を刷新した。昨年誕生した町会連合会のマスコットキャラクター「町会フェアリーユイちゃん」を全面的に採用し、親しみやすさや分かりやすさでアピールしている。

 4月1日時点の町会加入率は、前年同日比0・2ポイント減の78・7%となっている。加入世帯は8万2285世帯で502世帯(0・6%)増えたが、登録世帯は863世帯(0・8%)増の10万4567世帯で加入世帯の伸びを上回り、加入率はわずかに落ちた。
 市は、加入率の目標を80%に回復させる目標を掲げている。
 リーフレットはA3判二つ折りで、約2万部印刷した。地域づくり課の職員が描いたユイちゃんが、住民が助け合いながら暮らしやすい地域づくりに取り組んでいるのが町会であることを紹介している。運動会や敬老会などの行事、防災・避難訓練や防犯パトロールなども、まちづくりの活動として写真と一緒に紹介している。
 市によると、町会加入率の減少は全国的な傾向で、単身世帯の増加やライフスタイルの変化などで町会活動に関心を持たない人が増えているという。そうした中、町会連合会の平林大喬会長は「アパートやマンションなど集合住宅の町会に対する意識度は高くなってきている」と、改善の兆しを感じていた。
 市は、各地区の地域づくりセンターや市民課などで転入者にリーフレットを配っているほか、要望に応じて町会に配布して加入促進に使ってもらう。

連載・特集

もっと見る